== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 梅染街 ==

白桃の瓶が開かない〈4〉(楔波×和磨×紫亜)

*性描写(♂×♂)
最初は紫亜君から。
折角なので食物使用も絡めまして…


持ち上がった腰だけが蠢く、獣の体勢。
自分の浅ましさを恥じようと和磨にも如何にも出来ない。

例えるならば、渇いた喉が冷たい水を飲み干すような貪欲。
一晩我慢させられた後では拒む術など無く。
其れが愛しい男でなくとも。

「……淫乱さねぇ、まったく。」

呆れのような、蔑みのような、背後での囁き。
けれど含み笑いで歪んだ声。
紫亜も悦んでいるのは表情を見ずとも判る。
だらしない喘ぎで腰を使う和磨に、眼を細めているだろう。

そして今やっと水を口にしたのは同じ事。
渇きを癒す為の動きが紫亜からも加わり、快楽が増す。


蜜の音が粘つく中、舌打ち一つ。

潤いがまるで足りていないのは楔波の方。
舌を絡めただけで止めてしまった和磨に対する苛立ち。
当然、お仕置きが待つ。
再び髪を掴まれると、切っ先が和磨の唇に潜り込んだ。

「……勝手に止めんなや。」
「むぐぅ……ッ、んん……!」

喉奥まで突き立てられて、嬌声が呻きに変わる。
口を犯すだけでは終わらない。
そのまま和磨の頭を前後に揺さ振る、強引な手。

涙目になりながらも、息苦しさから逃れる為と必死に舌を使う。
其の間も無意識なまま腰は止まらず。


入り口二つを串刺しにされた身体。
深く突き込まれ、擦り上げられて、高熱を発する。
冷えた床に雫を落とす、違う蜜。

一つに集中出来ない状況、逝く事すら和磨には許されない。
ただ快楽に溺れて沈んでいくだけ。



口から一度外したのは、楔波に反抗しての事ではなかった。

最中、肘に当たった"何か"に手を伸ばす為。
正体なら察しており、ああ、やはり。

台所から出る時に持ってきた、暗紅色のジャム瓶。
蓋を開ければ、煮詰まった果実の艶めき。
掬い取った二本指にとろり冷たい。


楔波が機嫌を損ねぬうちに、其方の手で刀身を包み込んだ。
愛しげに撫で擦ってジャムを絡ませる。

掌の熱や音は粘着き、知らずに唾液が溢れ出す。
淫らに香り立つ果実。
誘われるままに、覗く先端へ口付けた。

「っん……、楔波の、甘い……」
「ジャムの所為やろ?」

吐息がくすぐったいのか、蕩けた和磨の表情を嘲けてか。
ただ見下ろす楔波は飽くまでも口許だけで笑う。
けれど、濡れているのも事実。
混ざる苦味を残さず啜りながら、根元を手で扱き上げる。



「和磨……、俺もジャム貰うさね?」

視界の端から瓶が消えた。
緩やかな旋律で蝶々を閃かせていた、紫亜の手により。

ただ甘味が欲しいだけでないのは分かっていた。
何をするつもりかまで読めず、少なからず怯えが走る。
見えない場所でならば尚更に。

「……ッあ!」

答えは、無防備な背中に降り立った。
潤んだ冷気を感じて、鋭い声。


和磨が最も弱い場所で広がっていく、ジャムのベタつき。
赤く濡れた指は容易に滑る。
ただ塗り込む訳でなく、背中に絵を描く遊び。

這い回る指に震えながら、和磨も眼前の果実を舐める。
其の所為もあるかもしれない。
背中でも味を感じる気がする、今なら。
時折に引っ掻かれる痛みすらも妙に甘くて。

「俺が爪で切り裂いたみたいさね……、真っ赤。」
「……せやな。」

滑らかな白い背に、暗紅の線は色鮮やかに映える。
和磨を挟む二人にしか見えなくとも。
紫亜の言う通り、開いたばかりの生傷にも似た色。


いっそ、本当に錆鉄の味なら良かったかもしれない。

顔を歪めるのは苦痛の所為だけに出来るのに。
今の和磨は、傷だらけで蜜に潤む果実。
食べて欲しいと願っても、此処からじゃ楔波は見ているだけ。

「……甘いさね。」

貫いたまま身体を倒して覆い被さる、紫亜の吐息と舌。
背中を舐められた和磨が息を呑んだ。

今度は、暗紅色を辿って唾液で消していく。
紫亜の舌先は極柔らかな魔物。
感じる部分を探し当てて、其処ばかり苛む。


腰を揺さ振りながら導かれる、果実の沸点。
届く寸前で行き来していた高熱が一気に上昇する。

「んんんー……ッ!」

愛しい男の刀身に口腔を塞がれている為、喉奥止まりの声。
肝心な場所には指一本すら触れられないまま。
脈打ちながら弾け散った蜜が、桃色の布を濡らした。


← BACK   NEXT →


*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ





スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 08:04:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。