== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 梅染街 ==

嗚咽に沈む鱗(from.桜桃さん)

声をあげて泣いたって構わない
絵チャにて描いていただいちゃいました、楔波×和磨です…!
他にも色々とめっちゃ楽しい日でしたv
桜桃さん、皆さん、本当にありがとうございましたッ!

着衣の乱れに乙女の涙って…えええ、どんな状況…?!∑(゚д゚*)
その場じゃ教えてくれなかったのですが、桜桃さん宅の方でどぞv
楔波君がシャープなのに対して和磨がソフトなのが対比で良い感じです。
此の二人のカップリングって、涙とエロスと切なさ不可欠だから濃縮してて凄い凄い!
和磨が涙腺緩くなるのは楔波君相手だけだろうなぁ。
あちこち欠陥してる子なんで、感情剥き出しで泣くのも大事だと思います。

以下、私の方も妄想でSSも付けてみました。
愛が強すぎて重いよ和磨。


涙が止まらない眼は何も見えない。
しゃくり上げるだけの喉は声が出ない。

眼が溶け落ちそうになる感覚は何度目だろう。


此の恋を知る前なら顔を歪めるほど泣いたりなんかしなかったのに。
ましてや、他人の事でなど。
堅かった筈の涙腺の螺子は一体何処へ行ったんだろうか。
知らない間に緩んで失くなってしまった。
一滴零れたら最後。
身体も感情も空っぽになるまで、流れるまま。

「……ひくっ……ぅ…………」

指先で必死に握り締めた存在がこんな小さな釦じゃ、心許無くて。
ただ、合わせた背中の熱だけは鮮やかに。
消え入りそうな意識を引き止めて、離さないまま。


胸の痛みによる涙を溜めれば水槽一つ溢れるかもしれない。
きっと、自分の恋は其の中に棲んでいるんだろう。
囚われて何処にも行けないままで、飼い慣らされていく。


初めて逢った時、冷たい金色の瞳に射殺された。

そして蘇った今の僕は、此の涙の中でしか呼吸出来ない。
君が与え続ける痛みが無ければ干からびてしまう。

楔波が居なきゃ、生きていけない。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 21:22:21 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。