== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 梅染街 ==

白チョークを食べたよ(瑠夜×和宏)

設定は此方から

*同性愛描写(♂×♂)
甘いの書けて楽しかったです、この二人の組み合わせは可愛い(´∀`*)
童話は「七匹の子山羊」より。

配布元alkalism様より。


マスクをしていると、自分の体温を一層強く感じる。
手の冷たい者でも吐息だけは熱い。
けれど暖かくて丁度良い、なんて言ってもいられない。

賑やかな休み時間の教室。
晴れた日の窓際は、ただでさえ陽光に満たされている。
強張った身体の芯を溶かすどころではない。
まだ何処かに潜んでいる菌が、再び活動を始めたかのような錯覚。

熱が頭まで廻りそうで瑠夜は覆いを外した。
急激に息が冷えて、喉の奥を少しだけちりちりと疼かせる。


気を付けているつもりでも、何時の間にか病に侵食されていた。
風邪が発症したのは先週末の事。
土日の二日間が寝ているだけで終わってしまった、結局。

随分と軽くなった身体でこうして学校にも来れたが、残すは喉だけ。
息苦しくなるまで咳が出て、荒れて真っ赤。
現在の瑠夜は、お陰でほとんど喋れない状態なのである。
人魚姫の童話じゃあるまいし。


「瑠夜、身体もう大丈夫か?」
「…………」

掛けられた声に振り向けば、藍色の瞳が少し柔らかくなる。
無言のまま頷いてみせた。
陽に透けて鮮やかな茜色になる髪。
返事に心配そうな表情を解いたのは、和宏。


そう、本当なら週末にも二人で遊ぶ約束をしていたのに。

代わりにお見舞いの申し出も和宏からあったが。
伝染したら困るので、嬉しい気持ちを押さえ付けて丁重に断った。
心細い時でも痩せ我慢してしまうのは既に癖。

「いつでも無理せず言って……て、ごめん、喉が駄目だっけ。」
「…………」

折角、三日ぶりに顔を合わせたと云うのに。
話したい事が幾らあっても、口が利けなくては意味が無い。
何だか遠くなってしまった気がする。

和宏に問い掛けられては、首を縦か横か。
言葉が使えない分、大袈裟になりがちな身振り手振り。
子供じみた仕草を自覚して瑠夜は溜息を吐く。
恰好がつかなくて恥ずかしい。


「そうだ、飴あるけど舐める?少しはマシになるかも。」

急ぎ足で席に戻って、鞄を漁る背中。
まだ首を振っていないうちに。

子供じみていると云うなら、和宏も大概か。
どうぞ、と引っ掴んできた飴の包みを差し出す笑み。
あまりにも柔らかで、瑠夜も思わず釣られて口許が緩んだ。
こうも気遣いされては断れる訳が無い。


いただきます、と受け取ったのは真っ白なミルク色。
紙を広げた傍から転げそうになった、寸前。
和宏の手が中空で飴玉を捕まえた。

「危なかったなー……瑠夜、えっと、口開けてくれる?」

考え込む沈黙を一瞬挟んで、照れ気味の声。
此れは瑠夜にも解かった。
吹き出しそうになるのを堪えて、上向き加減に開いた唇。
ころん、と和宏の手が飴玉を放り込んだ。

指に食い付く間も無く引っ込められ、少し残念に思う。
尤も、和宏からすれば精一杯。
食べさせた方が恥ずかしがって如何するんだか、真っ赤。

「……ん、美味い?」
「…………」
「そっか、良かった……誰も見てなかった、よな……」
「…………」

ありがとう、の代わりに礼をしてから、照れ隠しの遣り取り。
ミルクと相まって甘い気分。
荒れていた奥深い部分にも、飽くまで優しく沁み込む。


「でもさ、俺やっぱり嬉しかったよ、今日。」
「…………?」

思わず首を傾げて、和宏の方を向いた。
口が利けないからこそ藍色の瞳は強い力を持つ。
黙って見詰めると相手は逃げられない。

「いや、さっきのが、とか置いといて……!
 瑠夜が学校に来てくれて……顔見れなくて、寂しかったし。」

真っ直ぐな視線に慌てながらも、和宏が呟く。
友達としてだとしたら、こんなにも響きに熱を持つだろうか。
其処に込められていた感情。

ならば、瑠夜も応えるべきなのだろう。
耳元に唇を寄せて、一言だけ。

「……僕も、和に会いたかったですよ。」

掠れて、溶けそうに儚い言葉。
飴玉の効果は確かに。


此れが童話なら人魚姫ではない。
チョークを食べて、甘い声を手に入れたのは狼。
全ては小山羊の為に。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 17:54:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。