== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 梅染街 ==

曖昧なる寵愛の呪文(楔波×和磨)

*性描写(♂×♂)
桜桃さん原稿お疲れ様ですっ!
頑張ってらっしゃる様子はツイッターで伺っております…
ふと此処を覗いた時、息抜きにでもなれば幸い。

時間軸は先日の絵チャ以前で、屋上イチャイチャ。
あの後、楔波君帰って来なかったそうなので嵐の前的に甘いのを(笑)。

個人的な妄想だと…、何事も無かったようにフラッと帰って来て
一切その件に触れなくて、和磨だけが戸惑ってそうです。
それにしても、紫亜君と和磨で二人きりだった時も気になりますな…
意地悪でエロい悪戯するのも、わざと触れないのも、どっちもありそうで。


空に近い場所にも光が届かない部分は出来る。
太陽からは死角、屋上の入り口の壁際。
狭い影の中に潜んだ身体二つ。

涼風は吹き抜けても薄いシャツが汗で張り付く。
熱で痺れる口唇を啄ばみ合っては、交差する金と翠の視線。


少し色が黒い楔波も夏になって焼けたと思う。
相変わらず血色の悪い紫亜と並べれば、随分と違う肌。
此の二人は陽を浴びる事を恐れない。

行動を共にしているので、青空の下で過ごす時間は同じ筈。
何故こんなにも差が出来るのやら。

楔波の頬を撫で擦りながらの考え事。
細い指先に、耳朶を貫く三連ピアスが当たった。
日陰で鈍く光る金属の塊。
熱気の所為か、伝わる温度はいつもより高い。


「んッ……、やぁ……」

首筋に唇を寄せられて声が零れた。
甘さが絡んでも、どちらかと云えば「駄目」の意味。

嫌な訳じゃない。

日焼け止めの塗られた肌を舐められるのは気が咎める。
色素が薄い和磨は手入れを欠かせない。
屋外で触れられる事には慣らされてしまったが、此ればかりは。

身を捩ってみても和磨の背後には壁。
舌打ち代わり、凛と冷たい金色に射られる。

視線の強さに背筋が震えて、恐る恐る指先を伸ばした。
焦ってしまってボタンを外す事すらもどかしい。
シャツを引っ張り上げ、此処に触れて欲しいと自ら曝け出す。
布に守られていた真っ白な胸。

ただでさえ薄い肌は欲情して更に敏感。
面倒だとばかりの溜息が吹き掛かり、肩まで跳ね上がる。
機嫌を損ねたかと思慮するも、軽く噛まれて再び快楽に呑まれた。


弄られる薄紅が尖って熱を持つ。
吸い付かれる片方と、指先に摘まれて転がされる片方。

普段の無骨な仕草と裏腹。
時折、楔波は壊れ物のように和磨を扱う事がある。
泣きたくなるくらい胸が締め付けられた。

「楔波……ッ、好きだよ……」

縋る腕で楔波を抱き締めて、和磨の声が震えた。
溢れそうな感情と官能。
如何にかなってしまいそうで言葉ばかり先走る。

「何度も聞いた。」
「うん……、嫌じゃないなら、良いよ……」

同じ言葉が貰えたら、と贅沢な願いが掠める。

叶わない事なら百も承知。
そもそも"好き"が解からないと楔波は言う。
和磨が言葉に込めた想いも伝わっているんだか。

愛されている気になっても、錯覚なのだと醒めなくてはならない。
行為の最中だからこそ急に悲しくなる。


溜まった涙は落ちなかった。
不意に胸元から楔波が顔を上げ、近付く口唇。
和磨の睫毛を濡らす雫を舐め取る。

「……和磨。」

此の声に呼ばれるだけで、爪先まで高熱に震える。
艶を帯びた独特の低音。

軽い眩暈の中で目線を移して、初めて気付いた。
胸に散らされた花弁。
彼の所有物だと、和磨に思い知らせるように。

「愛とか恋とかは解からないって言うけどさ、楔波って……」
「何や……、急に。」
「僕が楔波を嫌いにならないって事は知ってるでしょ、絶対。」
「……そうなんか?」

素なのか、意地悪なのか。
意志を読ませてくれない楔波の返答は謎。

和磨が余計な考え事を出来るのも、其処までだった。
弱い所まで知り尽くされた身体。
骨張った手に布の下を探られ、短い悲鳴。
そのまま口を閉ざす事は許されずに、途切れない声は甘く。

「和磨……、可愛い……」

囁かれた言葉、今度は嘘偽り無いと解かる。
愛しさで胸が痛んだ。

他の男に言われたとしても、ただ戸惑うだけなのに。
楔波が口にすると呪文になる。
こうして感情も身体も操られてしまう、容易く。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 12:42:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。